前へ
次へ

歯周病の診療が行われる手順

かなりひどい歯周病においては抜歯であるとか、歯茎を切開してのメンテナンスで状況改善をめざすこともあり得ますが、よく見られる治療においては一定間隔ごとの通院によってクリーニングを行ないながら、家庭内でのブラッシングをチェックしていくことになります。
予防歯科に於いての受診では、まず第一に歯についている汚れをリサーチして様子に合わせた助言を行ったのちに、歯石を削除してバイオフィルムを壊すスケーリング及びルートプレーニングを行ないます。
超音波スケーラーが含まれたプロフェショナルなツールを活用することによって、ブラッシングのみでは取りきれない汚れを削除しいくことになります。
それから後に、フロスを利用することによって歯間汚れを除き、ポリッシングすることによって表面のざらつきをスムーズにすることで、そのあとの歯垢付着をガードしていきます。
以上のように、歯科医院で専門の歯医者さんによって適切な処置を受けることが大事になります。

Page Top