前へ
次へ

1本3億円の価値ともいわれる天然歯を守る

世界から見ても日本人の健康意識は大変高く、日本ほど健康番組や健康雑誌が豊富で人気がある国もありません。
健康というと全身ですがどうしても、ボディ面ばかりに意識がいきがちであり、見落としてしまう部分があります。
それが口腔内の健康状態であり、お口の中の健やかさは全身の健康に直結をするためです。
子供のころから虫歯になれば歯科医院へ行き、歯を削り詰め物をする繰り返しなので、虫歯なら歯医者に行けばいいと安易に考えがちな部分があります。
これだけ健康番組も多い日本なのに、口腔内の健康に関しての意識は若干低めです。
海外では口腔内の健康意識は高く、歯科医院は虫歯になってから駆け込む場所ではありません。
たとえばイギリスなどの場合、定期的に歯科医院へ行きますがそれは歯の健康状態をチェックするため、だから虫歯や歯を失うときほど歯科医院での料金も高くなることはないです。
日本は医療保険制度という大変恵まれた環境にあるので、歯の健康を軽んじやすいですが、いくら日本でもすべての歯科治療が保険適用ではありません。
それが保険制度の充実していない海外になると、口腔内に問題が起きて歯科医院にかかると自己負担となり、莫大な医療費を支払うことになります。
こうした背景もあって海外での、虫歯になる前からの定期的な歯科健診が多いのも納得であり、近年の日本では天然歯をできるだけ残そうという歯科医も増えている状況です。
かつての歯科の世界では、虫歯になったら歯科医院へ行き歯を削り詰め物をするのが一般的でしたが、天然歯は虫歯になったら何度も繰り返して削ったら再生をすることはありません。
どれくらいの価値が1本の天然歯にあるかというと、実は3億円以上の価値なのですから、年齢とともに歯を失うといった認識は手放す方が賢いです。
日頃から定期的に歯科医院を受診して、歯のクリーニングを受けたりチェックをしてもらったりして、虫歯や歯周病予防の対策をすることが大切になります。

稲沢市のわだち歯科はシニア層が通いたくなる歯医者さん
シニアインプラントやシニアホワイトニング等、シニア世代に向けた診療を提供しています。

Page Top