前へ
次へ

子供の受診で注意すること

歯科医院に抵抗を感じている子供は多いです。
子供の場合、治療を受けることに恐怖心を抱いてしまうということがあります。
できるだけ親が歯の健康を維持するために歯磨きの仕上げ磨きをするなどケアをする必要があります。
また小児歯科を受診してフッ素を塗布してもらったり、定期的なチェックを受けるということも必要となります。
しかし小児歯科ではないと子供の扱いにあまり慣れていない歯科医が対応をすることになってしまうので、トラブルが起きてしまうことがあります。
動かないように固定をしたり、ラバーフィルムを使って治療を行うということもあります。
このラバーフィルムは使い方を間違えてしまうと呼吸ができない状態を作ってしまうので、常に状態をチェックしなければいけません。
親も付き添って子供の異変に早期に気付くということが大切になってきます。
実際にトラブルが生じてしまい、命を落とす子供もいるのでできるだけ小児歯科を選択したほうがよいです。

Page Top