前へ
次へ

色々と試行錯誤している歯医者

歯科・歯医者さんは、高齢者と子供に優しいことが知られています。
一昔前は、痛い、コワい、そうしたイメージが根強いものでしたが、今は、削らないから痛くない、マスクを外して挨拶してくれる歯医者さんだからコワくないことが周知されています。
それでも、歯をお粗末にするならばコワいことデメリットを重点に伝えることもあります。
特に、加齢と噛まなくなることで唾液量が少なくなり、飲み込みづらいからといって少食になる高齢者もいます。
栄養素をうまく消化・吸収できないのなら、身体は衰弱してしまう可能性が否定できません。
このように、デメリットをしっかり目に伝えることにより、治療をしなければいけない、そうした意識改革に繋げていらっしゃいます。
高齢者の場合、食べる楽しさを知って欲しい旨を歯医者さんが伝える努力をしています。
総入れ歯もありでしょう。
インプラント治療は高額になりがちで、生い先のことを考えるとなかなか踏み切ることがないようです。
ですから、最近の歯科・歯医者では院内の雑誌コーナーにグルメ情報誌などを置いていますし、食べたくなるチョコレートなどの機能性食品も提供しています。

Page Top